「ウォーキング・日記」# 109《オマケがついた荒島岳登山》                                                                                                  2009.09.07
                                                    (写真をクリックすると拡大)

8月29日、お昼過ぎから神戸を出発して荒島岳の近くまで行って泊り、30日朝から荒島岳に登って、夜10時前に家に帰る一泊二日の3人での百名山行きでした。

荒島岳のある福井県大野市は湧水の多い町でした。
私たちの泊まった宿のすぐ近くに「名水百選」にも選ばれている「お清水(しょうず)」がありました。
宿に着いて
夕飯まで時間があったので、持って行った焼酎を飲むための氷を、ローソンに買いに行った時に見つけたのです。
御清水は、かつて越前大野城主の飯米を炊くのに用いられたことから、敬意を表して「御清水」あるいは「殿様清水」と呼ばれており、夏冷たく冬暖かい地下水は、飲み水などに利用され、地域の社交場となっているそうですが、私たちも飲んでみましたが、そんなに美味しいとは思いませんでした。美味しかったら水割り用に汲んで持ち帰ったのですが…

30日朝は、何時もの山行きの時の様に早い出発ではありませんでした。
泊まった宿は山小屋と違い朝食が一番早くても7時半だったので、宿を出たのは8時前でした。
標高1,523mの荒島岳の登山コースは4つありましたが、私たちの登ったのは、勝原コースでした。 勝原コースは、標高差1,300mを4時間半で登れるのですが、急斜面が続くのと登山道が荒れているのでお勧めコースではないそうです。
登山口は、勝原スキー場の駐車場で、リフト終点まで30分ほどウッドチップの敷きつめられた急斜面のゲレンデを登りました。この登りで一気に汗が吹き出しました。

生意気にも「それほど高い山でもないから、楽だろう」と思っていた私が馬鹿でした。
荒島岳は、頂上まで息つく間もない急坂続きで、とても厳しいシンドイ山でした。ブナ林ではブナの根が盛り上がって急な階段状になり、前日までの雨で濡れた登山道はところどころが粘土質でズルズル滑るし、特に「もちがかべ」と呼ぶ急尾根の登りは、鎖がついていましたが前を見るのが嫌になるほど急でした。
それと、雨こそ降っていませんでしたが天気が悪く、周りの景色が何も見えなかったのです。まるで楽しみ抜きで、槍穂縦走の
訓練をさせられているようでした。
おまけに頂上近くで、胴体の下半分が鮮やかなオレンジ色の大きな蛇が道端でこっちを睨んでおりました。帰ってからネットで調べると昔は毒蛇が多くいたそうなので、キットあれは毒蛇だったと思います。噛まれなかっただけでも、良かったのかも…

チシマザサが生い茂る急斜面を 、ロープに掴まりながら登りきると山頂に出ました。時間は4時間半しか経っていなかったのですが、とても疲れました。
お昼だったので、宿で作ってもらった弁当を開けると御飯が糸を引いていました。リュックに非常食を入れていたのですが、それほどお腹も空いていなかったので、山を下りてから何か食べることにしました。
此処に若いリーダーが居られたら「時間になったら欲しくなくても食べる!」と叱られたでしょう。
宿の人にも聞いていたのですが、山頂では祠の組み立て中でした。4年前にそれまであった祠が無くなり、雨ざらしになっていた石仏の為に、地元の方達が尽力され新しい祠を再建なさったそうです。
組み立てが終わったら神主さんが上がってこられ、お神酒がふるまわれるそうでしたが、マダマダ時間がかかりそうだったので私たちは山を下りました。
天気が良ければ荒島岳の山頂からも、槍ヶ岳や穂高連峰、乗鞍岳が見える筈でした。

登りが大変だった「もちがかべ」は下りの方が神経を使いましたが、誰一人怪我もせず登山口まで下りて来れました。
時間が早かったので帰り道と反対方向にある“鳩ヶ湯”に行き、温泉で汗を流し、手打ち蕎麦を食べて神戸に帰ってきました。

デモ、話には続きがあるのです。 
山から下りる時、虫に刺されたのか少し左耳が痒かったのです。帰りの車の中では少し赤く腫れてきていましたが痛くもなく、それほど気にしていなかったのです。
自分の車で家に帰る頃から熱が出てきて耳もドンドン腫れてきました。家に帰って熱を測ると38度ありました。翌朝になると
耳の腫れは昨夜よりひどく作り物の耳の様に固く、首も回し難いほどリンパ腺が腫れていました。
慌てて病院に行き診てもらうと、虫の毒で軟骨炎を起こしていると言われ点滴をしてもらい、抗生物質の薬をもらいました。
日に日に腫れは引きましたが、病院通いが三日続きました。

今回は、嬉しくないオマケつきの山行きになりました。
 

            戻る