《 第13回、第14回掲載の前に 》                                                                                               2009.06.13
                                                  

先生からの原稿と一緒に、下記の様な水島さんからのメールがありましたので、先生からのお手紙を、掲載させて頂きます。

手紙の中で先生のコメントがありましたので、ついでに送ります。末尾に「要用」という、また聞きなれぬ文字がありました。「たいせつな用事、用件」ということですが、先生にとって、このコメント(思い)は重要なことなのかも知れません。ご参考までに。     水島
 

《菅沼先生のお手紙》
今回は兵庫高校をやむを得ず退職したいきさつと、県の勤務をやめてから私学へ勤務するに至った経緯を書きました。何を書いても年令の差から、その間に世相が変わったり、環境の違いから皆さんの共鳴をいただける内容とはなりませんが戯言(たわごと)と思ってお読み下さい。
右とり敢ず要用まで                      敬具  
              五月一日    菅沼 常生

            戻る