第26話   『1949年 昭和24年』

戦後3回目の総選挙があり、民主自由党が264と圧勝。この選挙で、此からの高度成長を作る、池田勇人(51)、佐藤栄作(49)、前尾繁三郎(45)等が初当選を果たした。また、
1ドル=360円に単一為替レートがきまった。これは、日本経済を世界の資本主義市場に強く結びつけること、とくにアメリカ経済との結合を強化することがGHQの狙いだったのであろう。

又、嬉しいことは理論物理学の湯川博士が日本初のノーベル賞を受賞された。スウエーデンアカデミーは、物理学者の湯川秀樹京都大学教授(43)に、ノーベル物理学賞を授与することを決定した。
敗戦で自信を失っていた人々に大きな希望を与えた。

希望といえばこの年、映画『青い山脈』が大ヒットした。
朝日新聞に連載中だった石坂洋次郎の原作を、この年東宝が映画化。
大ヒットとなり、観客動員数2位を記録する。監督は今井正、主演は原節子、杉葉子、池部良。戦後息吹きを感じさせる、生き生きとした青春群像が多くの人の共感を得たのであろう。