近況報告          (2組 藤田 高明)

2組の藤田高明です。
昭和41年7月に東京に転勤して、すでに45年以上を関東の地で過ごしてきました。いつ頃からか東京49陽会の会合に声をかけられ、できるだけ参加させて頂き、いつも楽しく歓談させて頂きましたこと感謝申し上げます。
その間60歳、65歳と区切りの年を迎えるにつき、49陽会の同窓各位も次第に第2の人生に転換されて行くお話を聞くにつけ「小生もそろそろだなあ」と感じていた矢先、この夏に体調を崩し1週間ほど入院しました。
病気そのものはたいしたことはなかったのですが、すっかり体力、特に気力の衰えを感じ、又、現役の頃より通った銀座のスナック、飲み屋はママさんの高齢化、不景気による経営不振で店を閉じ、知っていた最後の1軒も8月31日に閉店。ちょうどいい機会なので小生も一旦閉店ということで、今年11月30日付で会社を退職することに致しました。これより先は会社とは関係なく、のんびりと過ごせればと思っておりますが、何の趣味をも持たない老人、どうなりますことやら・・・・今後ともよろしくご指導お願い致します。

毎年、8月に神戸在住の2組の同級生数人に旅行に誘われ、参加しておりましたが、本年エントリーはしていたのですが、先ほど申し上げた病気のため、ドタキャンすることになり、みんなに迷惑をかけてしまいました。来年こそは体調を整え、古希を祝う旅行を楽しみたいと願っております。

最後になりましたが会社関係のOB会を11月に開催することになり、その幹事を任され、会場の交渉、メンバーへの案内、出欠の返事の回収、となかなかスムーズにいかず、苦労しましたが、何とかまとめることができ、ほっとしております。いつもお世話になっている北村名幹事のご苦労がよく解りました。改めてお礼申し上げます。

戻る