2組 森谷 祐治

2組 森谷 祐治です。

11月13日、坂本吉章君より、突然電話が有り、「同期の輪」に投稿せよと言われたので、近況並びにラーメン屋“山神山人”の顛末を記します。
 

山神山人を開業して10年になります。36年間のサラリーマンを経て、飲食の仕事に入りました。
 

若い時より、美味しい物が好きでしたが、まさかラーメンをするとは思いませんでした。退職時には何の当てもありませんでしたが、知人に北海ラーメンの会長が居られまして、ラーメン事業に参加しました。
 

開業後、7年間は無休で営業し、何とか借金を返済し、現在に至っております。

妻や兄弟に迷惑をかけ、根津君や吉村君にも協力してもらいました。
 

現在は、火曜定休日にし、たまにゴルフをし、酒を飲み、日曜は競馬をし(僕が負けたりJRAが勝ったり)暮らしております。
 

しかし、今の生活のもとは、兵庫高校の3年間が基に有ると想い、感謝しております。

今のモットーは、「何時でも、何処でも、誰とでも」の3Wです。
 

次の寄稿は5組に後藤潔君です。

戻る