(5組 川淵 千鶴子) 

 5組だった川淵(旧姓田中千鶴子)です。
と言っても同じクラスだった方はかろうじて覚えて下さってるかもしれませんが、他のクラスの方は恐らくご存知無いでしょう。

 何せ高校時代はユーカリの樹の下で、深く静かに潜航していた者ですので、高校卒業後は、子供の頃からの夢だった幼稚園の先生になるべく、保育専門学校(頌栄短期大学)に進み、卒業後2年間は保育者として、頑張りました。が、しかし、自分の子供の保育は失敗し、思うように育てることが出来ませんでしたが、どう言う訳か長女も兵庫高校に入り(73陽会)またまた、彼女もユーカリの樹の下で深く静かに潜航行し、何も真似しなくても良さそうなのに、同じ短大に進み私と同じ保育の道に進みました。

 ところが、その娘の長男が、創立100周年のこの春に兵庫高校に入学出来たのです。孫が中3の時「兵庫高校に行くと、きっと良い友人に出会えるよ」と頑張るように言ってきたので、合格通知を聞いたときは歳のせいか、娘が兵庫高校に入学出来た時より嬉しかった!

 4月29日娘と一緒に文化祭に行ってきましたが。まあ青春真っただ 中!100年目のプロポーズ「I Love 兵庫」と称して色々な メッセージが伝わってきました。記念誌に生徒会長が「100年経っても、大切にしたい仲間とともに」「100年経っても 生き続けている兵庫らしさを結集させて」「100年経っても輝き続けるような思い出
をこの日皆で作ろう」と書いてありました。共感!

 模擬店では、ぺらぺらの真っ赤なサテン地で作ったシマチョゴリを着てチヂミを売る女子、ヤマアラシの様なつんつん頭の男子がエプロンをして焼きそばを売るのも、はちきれんばかりの笑顔!講堂ではダンス部、演劇部、弦楽部、吹奏楽部、バンドもあり、視聴覚室がライブハウスになっていました!生物、書道、物理、美術各部も楽しく見せて貰いました。

 その日は好天気でもあり、素晴らしい文化祭を味わうことが出来て、懐かしくもありとても幸せでした。

 私自身兵庫高校卒業後、何一つとして自慢できる様な事はありませんでしたが、この春に親子3代「武陽魂」を体験できるようになった事をちょっぴり自慢させてくださいね。そして笑って許してください!

 私を指名されたちかさんとは、中学1年から親しくして頂き、タリアン会ではいつも刺激を受けています。彼女はタリアン会で一番長生きし最後をフルートで見送ってくれるそうです!

 次回はまたタリアン会のメンバーの5組の山本(旧姓植村温子)さんにバトンを渡します。

 稚拙な文章で失礼いたしました。

戻る