(9組 高橋 健自) 

寺田権二君から「同期の輪」の原稿のバトンタッチです。彼とは、大学受験で一緒にあちこち受けに行ったのを思い出します。彼は慶応ボーイとなり、夏・冬の休みに帰省する度に、東京のハイカラな遊びを教えてもらい新鮮な気がしたのが、ついこの間のような気がするが、あれから40年余り経つのですネ。早いものです。

小生、大学は大阪大学歯学部で、教養、学部、大学院の10年間を、大阪の石橋、中之島で、自宅通学として学びました。その後、長田区の丸山の地で、父の歯科医院を継ぎ、臨床医として早や35年になろうとしています。49陽会の同期生や、そのご家族の方も数多くお口の中の治療のお手伝いをさせて頂いております。

その間、幸か不幸か、下宿生活、単身赴任など一切なく、づっと自宅からの生活で「箱入り娘」ならぬ「箱入りジジイ」の世間知らずです。勝手、気儘にやってきたため、今だにアナログ人間で、パソコン、インターネット、ホームページやらとは縁がなく、この原稿も手書きで書いており、清水君の手を煩わすこととなります。

この様な49陽会でのリレー投稿が、行われていたのも、全く知らなかったのですが、アナログ人間にも、他の旧友の投稿を、紙媒体でも見れるようにして下さるようにお願いします。

私の趣味は、写真、囲碁、クラシック(殊にベートーヴェン)、魚釣り、麻雀、旅行、食べ歩き、ゴルフetc、etcと数多くあるのですが、凝り性の割に、熱し易く、冷め易い性格です。現在の所は、もっぱら“ゴルフ”。高校、大学および同業者の先、後輩、それに所属する太平洋クラブでの友人達と、良き仲間に恵まれ、この10年余りは年間100ラウンドが目標で、楽しいゴルフをモットーにやっており、スコアの方は並といった所です。

そんな事で、クラブ内での懇親会のお世話や分科委員などのボランティアをさせて頂いています。クラブは共通会員制で、全国に18コースあるため、年間何度となくツアーにも出掛けます。職業柄、土、日、祝のプレイとなるので、余暇の大半をゴルフに費やすことになっています。

仕事の方は、70歳位まであと数年間できればと考えています。ゴルフの方は、あと10年位は元気でプレイできればと思っておりますが・・・・。年間100ラウンドのプレイをしようとすれば、病気して休んでいる暇はありません。結構ハードです。まぁこれが、私の健康法の秘訣かなと思います。

次の原稿を、私のホームドクターとしてお世話になっている糖尿病が専門で、成人病を中心に診療されている内科医の森寺邦三郎君にお願いします。

戻る