(4組 藻川龍彦)

 兵庫高校49陽会の皆様、お元気でお過ごしのことと存じます。4組の藻川龍彦です。金田さんから「同期の輪」のバトンを受け継ぎました。

 速いもので兵庫高校を卒業して45年を超えましたが、部活動(書道部)での夏季合宿や校内大会のラグビーで優勝したこと等々高校時代の楽しい出来事(残念ながら勉強は苦痛でしたが)を懐かしく思い起こす今日この頃です。

 兵庫高校を卒業後、関西学院大学(大学でも部活一本槍でしたが)を経て、みなと銀行(当時は阪神相互銀行→阪神銀行)に入行し、無事定年退職後同行の関連会社や県外外郭団体のひょうご産業活性化センターにお世話になり、現在は永年勤務したみなと銀行のOB会事務局に週3日勤務しております。

 今年は2月に妻の父、続いて3月に私の母が亡くなり大変な1年となりました。父母共に亡くしてから「孝行をしたい時には親はなし」を実感して、元気な間にいま少しでも親孝行をしておけば、と思っております。また、自分の親の介護や入院後の看病、短期間での転院等々を経験し、その大変さと介護行政や病院の体制・制度がそれを本当に必要としている人にとっては十分に機能していないことを痛感しました。

 色々な会に出席して、旧友の訃報や病気で入院中の報に接し、健康に過ごせることが何よりの幸せではないかと感じています。

 ともあれ、時間的にも余裕も出来、健康面も年令相応の持病はあるものの、まだまだ心身ともに元気なので、少しでも皆様のお役に立つとともに、自分自身にとってもさらに豊かな人生となる様に頑張りたいと思いながら、これからの人生をどのように過ごしていこうかと模索しつつ、取り敢えず、旅行やゴルフ、趣味など、なにやかやと元気に毎日を送っております。

 とは言え還暦も過ぎたことでもあり、お互いに心と体のケアーを十分に心掛けて、今後の人生がさらに明るい・実りの多いものとなりますようお祈りしつつ次の方にバトンをお渡しします。

 次は山形さん、よろしくお願いします。

戻る