(9組 高原 洋)

私、高原 洋は図らずも、この春神戸での49陽会ゴルフコンペで、まさかの"優勝の栄"にあずかり、それも理由のひとつに、3年3組の名物男、吉村孝さんより申し渡しを受け一言「同期の輪」に寄稿させていただくことになりました。

我々49陽会も早やいもので63〜64才と人生のロスタイムに入ってきましたが、私も自分の人生ゲームを思い返せば人並みにいろいろなことがありましたね。
とても一言では述べられそうもありませんが、山あり谷ありの人生でした。

その一例は脱サラ、倒産、サントリーでは入社一年足らずで出向、言葉も話せずサンパウロ勤務、世界の主要17都市に海外レストラン出店、ハーゲンダッツ創設、ファーストキッチン、サブウエイ、ダイナック各社社長などなどで、お蔭様で昨年、農林大臣賞を受けたり、東京証券取引所2部上場なども経験しました。日経新聞の「交遊抄」にも寄稿しましたが、いずれも良い仲間や先輩に恵まれた事に尽きる人生でした。

私は慶応大の先生が話された言葉で「良樹細根」と言う言葉が大好きです。その"心"はとても奥深いのですが、「日の目を見なくともこつこつ努力を重ねると・・・・・」と言う意味ですが私にとって何時も大切な心の糧としています。

さて、もうそろそろロスタイムですが、私の自慢の一つはは家内を始め、子供、孫に恵まれたことです。学校を卒業と時を同じくして家庭を持った私はどんな山も谷を越えられたのも、この暖かい家庭があったからです。

この春、大磯の少し北に位置する高台に日本庭園に囲まれたもう一軒の家を手に入れました。

気候の温暖な湘南の地で、この家族や仲の良い友人達とゆっくりとロスタイムを満喫したいと思っています。

お近くにお越しの節はお声を掛けていただけたり、お立ち寄りいただけますことを楽しみにしています。

戻る