3月末で41年間のサラリーマン生活に終止符を打ちます」
                             (10組 荒木紀一)

3年10組の荒木です。
今年の1月新年会に出席して「同期の輪」のことを知り、初めてホームページを開いてみました。

これまで皆様との交流と言えば、毎年開催されている3年10組のクラス会と水泳部のOB会に出席する程度でしたが、最近49陽会の集まりに参加させて頂くようになり、いわゆる同期の輪が徐々に広まってきたように思います。
 

私は、兵庫高校卒業後、4年間大学で水泳に没頭し、神戸の地元倉庫会社へ入社、38年4ヶ月勤務の上平成166月定年退職、縁あって退職後神戸市の外郭団体へ再就職し現在に至っています。

この原稿を書いているのは3月13日、半月後の3月末でいよいよ41年間のサラリーマン生活に終止符を打つことに決めました。
 

4月以降は、これまで携わってきたボランティア活動(水泳他)、趣味の(水泳・囲碁・ゴルフ等)実践、家族・友人とのコミュニケーションに今まで以上に時間が持てることを楽しみにしている今日この頃です。
 

これからの第二の人生、私がいつも信条としてきた「巾広い人間関係の形成」に向け、健康に留意しながら楽しく過ごして行きたいと思っています。
 

これを機会に49陽会の皆様とも、益々交流を深めることができますよう、これからも親しいお付き合いをお頼み申します。

簡単ですが自己紹介及び近況報告まで。

次の順番は事務局の方で選任下さいますよう、お願い致します。
                                 荒木 紀一
 

次のバトンは、10組の奥井宣孝氏が快く受けてくださいました。(事務局)
戻る