組  三村 末子[旧姓・安本])

                             2007/2/10

家に帰ると玄関先に沢山のねぎと大根が1本おいてありました。野菜作りに励んでいるお向かいさんからの差し入れです。後ろの家からはビニ−ルに入った白菜が垣根に吊るしてあったり、我が家からはいただきものの「甘いもの」を垣根越しにお裾分けしたりして、のどかな地方の暮らし、もう34年になります。

わたしは今、まだリタイアできず、夫の会社を手伝っています。
同居の両親を看取り終えたあとは(姑は5年半寝たきりでした)どっと疲れがでたのか、
不調の時を4年ほど過ごし、会社を手伝うようになって、少しづつ元気になりました。
一時は夫の家族も含め、8人家族の長男の嫁として家事だけに明け暮れる日々でしたが、2人の子供も家を出て(娘は北海道網走に、息子は東京)今は夫と2人だけなので、時々事務所へ出て、経理や会社の資料整理したりしています。
33年前に左肺全切除して以来、片肺飛行で、体が弱い分だけ何でもはいはいと両親に従って、長い同居生活、助けてもらうことも多く、仲良く過ごせた事が、今も穏やかに、それなりに元気に過ごせるのかなと、感じています。
長く続けているのは、パソコン上の囲碁。手話サ−クル。会社の難聴者のために会議や旅行の時に手話通訳しています。

この次は 堀 毅 さんにお願いしております。
戻る